投資法人で資産運用

個人投資家を卒業して「投資法人」に変身です。個人増税・法人減税の流れのなかで資産形成から継承までを考えるブログ。主な投資先は米国ETF。

【3-6】法人カードは作成するべきか?

 

投資法人を設立したら、

法人クレジットカードは作ったほうが良いのでしょうか?

なんだが、、TETE=法人と認識されているせいか、最近やたらとGoogleが法人カードを推奨してくる広告を浴びせてくるんですよね、、

せっかくなので、これを機にちょっと調べて、私が勝手に感じたことをまとめてみることにしました。


まずは、現在の私のクレジットカードの保有状況はどうなっているかと言うと、、、


個人で使用しているカード

【AMEX・SPGカード】

f:id:alphabet26:20190110131918j:plain

このGOLDカードをメインにしてます。 ご存知の方も多いとは思いますが、これは陸マイラーご用達の超有名なカードです。

魅力を簡単にお伝えすると、

  • 100円で1ポイント付与
  • ポイントを1.25倍でマイルに交換可能
  • マイル以外だと、米国株に精通している人なら知っているであろう世界最大のホテルチェ-ングループ「マリオット(MAR)」の超高級ホテルに、無料宿泊高待遇宿泊できてしまう旅行好きには堪らない唯一無二のカード。
  • リッツ・カールトン、コートヤード、セントレジス、シェラトン、ウエスティン等が対象です

当然ながらデメリットもございます。

それは年会費が31,000円(税別)

金額だけなら敬遠したくなるんですが、旅行好きで、非日常を味わいたい人であれば、むしろこれは安い!!

このカードを保持してから約2年ほど経過しますが、レギュラーシーズンであれば、家族4人のハワイ旅行2泊3日はすべてポイントで賄えるぐらいまで貯まってます。 投資法人の関わる経費をこのカードに集約させれば、ポイントだけで航空券とホテル代をカバーできる海外旅行に毎年行けるってことになります。

 


【Yahooカード】

f:id:alphabet26:20190110132457j:plain

これも有名なカードですね。 日常生活のなかでTポイントが貯まるシーンって結構多いから作ってみるか!そんなノリで作ったカードです。 年会費が無料なため今のところは持っていても邪魔ではありません。

 


家族で使用しているカード

 【楽天カード】

f:id:alphabet26:20190110132958j:plain

説明不要のカード。 米国株で例えれば「VOO」みたいな万能型カードですね。 家計でのあらゆる支払いをこのカードに集約しており、毎年数万円分のポイントが付与されています。 

 


法人カードは必要なのか

f:id:alphabet26:20190109232553j:plain

さて、本題の法人カードですが、

AMEXと楽天、この2枚のカードさえあれば、なんの不自由なく生きていける状況で、さらに法人カードを作る必要はあるのだろうか?

結論を先に述べされてもらうと、、普通の事業会社を起業したのであれば法人カード作成のメリットはあると思います。 なぜかと言えば、最近流行りのクラウド会計ソフトに法人カードを同期させることで、経理関連の労力と時間が大幅に削減されるからです。 さらに、個人と法人の2種類のカードを上手に使い分ければ、プライベートとの境界が明らかになって、税理士さんも大変助かることでしょう。

 

一方、普通の事業会社とは呼べないであろう投資法人の場合は、基本有価証券を保有するのがメインであり、日々の出納管理なんてほぼ皆無、しかも煩雑な処理もほぼ皆無。

これでも、一応いろんな角度から考えてはみたんですが、、、やはり必要性を見出すことができないんですよね、私には

 

 

メリット

実務的なメリットとしては、先に言ったような経費管理が簡素化される点だと思います。 そのほかだと、優越感やステータス感をどう判断するか、人それぞれですね。 法人カードには「business」「owner」という文字があったりして、支払いのたびに「社長だぜ!」って優越感に浸れるかもしれないです。 でも、私は別に何とも思わない性分で、むしろカードが増えて邪魔だし、無駄な維持費が増えるのは勘弁してほしい派です。

 

 

デメリット

事業継続年数が申込み基準に達していないと作成できない、もしくは審査が通りにくい場合があるようです。 あと、法人カードだと、無料で作れるものはほとんどありませんし、一般的に個人と比べたらポイント還元率がかなり低くなります。

 

 

私ならこうする!

こういったメリットとデメリットを見ると、

やはり法人カードは不要だな、って思います。

これらを踏まえての私の結論は、

法人の経費を、個人名義のAMEXカードで決済し続けます。 そして効率よく貯めたポイントで家族旅行を満喫します。

なぜかと言えば、

旅行費を損金にするのは難しいから

例えば、車の購入をポイントで支払ったら、それはアホ社長です。

損金にできるモノに対して、ポイントで支払うのは大きな過ち。

家族旅行みたいに損金にできないモノこそ、ポイントを使うべきです。

 

「毎年ハワイ旅行なんて行きたくねーし」

って、お考えの法人代表者であれば、楽天カードで十分だと思います。

貯まったポントを何に使おうが自由ですが、

損金にできるのか、できないのか

という視点をもったほうが良いと思います。

 

AMEXカードがほしい人へ

f:id:alphabet26:20190110131918j:plain

「コレほしいなぁ!」

紹介制度が充実しているので、ネット検索すればたくさん情報がでてきます。

紹介者に30,000ポイント

入会者に36,000ポイント

双方にとって破格のメリットだと言えます。

紹介しただけで、実に3,000,000円分の買い物相当のポイントがもらえます。 だからみんな争うようにこのカードの魅力をブログ等で宣伝しまくっているのも納得できます。 ろくに決済もせずに、ただ単に紹介しているだけで、ファーストクラスの航空券、さらに超高級ホテルに宿泊を実現してる人もたくさんいるみたいですし。

このカードのユーザーを代表して言わせてもらえば、たしかに魅力的なカードであることは認めます。 しかし、目先のメリットだけに飛びつかないで、ちゃんとデメリットも熟考したうえで入会したほうが良いと思います

当たり前のことですが。

 

投資法人の経費をカード決済して、

ポイントを貯めて、

損金にし難い海外旅行を、

毎年無料で実現したい!

こんな人であれば絶対に作ったほうが良いですよ(^^)

 

~最後までお読みいただきましてありがとうございました~