投資法人で資産運用

個人投資家を卒業して「投資法人」に変身です。個人増税・法人減税の流れのなかで資産形成から継承までを考えるブログ。主な投資先は米国ETF。

【1-2】危険な日本の債務超過

 
危険な債務超過

そもそもですが、私が株式運用に目覚めてしまったのは、日本の将来不安が拭えないからです。みなさんはどうでしょうか?

  • 今後日本のGDPがどんどん増える
  • 日本政府の巨額の借金は返済可能
  • 労働人口も右肩上がりになる
  • 賃金上昇による良インフレが起こる
  • 終身雇用制度が見直される(復活)
  • 社会保障の益々の充実化 等

未来の日本はどうなることでしょうか? 残念ながら、こんな明るい将来は正直イメージできませんよね。

 

私が、特に懸念しているのは、2番目の「日本政府の慢性的な債務超過」です。

要するに、「日本政府の借金が多すぎる」ってことです。 誤解しないでほしいのですが、「借金=悪」だと言ってるわけではありません。

サラリーマンで言えば、年収500万円世帯であれば、住宅ローンの借り入れは5000万円ぐらいが上限でしょうか。 これが『1億円を借り入れしたい!』となると『おい、ちょっと待て!』って、当然そうなります。

この場合、1億円の借り入れ金額が問題なのではなくて、年収500万円に対して物言いが付けられたのです。 つまり、1億円借りたいなら年収を1000万円ぐらいにしないと銀行は貸してくれないということです。 10億円を借りたいなら年収は1億以上だよ、「真っ当な借金」というのはそういうことです。

 

 

増えない税収、だけど増える借金

税収が増えない一方で、慢性的に借金を膨らまし続けるだけなら、未来のどこかの時点で手詰まりを起こして、財政破綻となるのは避けられません。  一応政府なりにも頑張って、ここ数年、アベノミクスを筆頭にした景気対策や強烈すぎる金融政策を施していますが、結果的に日本の実質GDPはどれだけ伸びたのでしょうか?

言うまでないですが、、ほぼ横ばいです。

にもかかわらず、借金だけは異常なスピードで、いまこの瞬間も増え続けています。

借金カウンターによれば、1秒間に増える日本の借金は「100万円」、1日だと「800億円」ですって。 俄かに信じがたいようなこの数字。

こういった日に日に増え続ける借金は、確実に我々国民に圧し掛かってくるかもしれないにも関わらず、そうした危機感を国民間で共有できていないほうがよっぽど深刻な問題であると思っています。

 

では、こうした事態を招いている原因は一体何なのでしょうか?

成熟したモノはどこかの時点で成長が鈍化するのは避けられません。 人間もそう、企業もそう、国もそう、植物や食物もそう、世の中のモノすべてに共通する運命です。 成熟した先進国である日本というのは、もうすでに昔のような高度成長ができないのは当然です。

人口構造上、大幅な成長が期待できず、税収入が増えないのだから、借金額も比例して減らしていくのがセオリーなのに、国際情勢や政治的な問題など諸事情が複雑に絡み合った結果、結局、日本は借金額を減らすことができませんでした。

 

収入が増えないのに、借金だけ増えていく、1年や2年ならまだしも、それが20年以上も続いたらどうですか?一般常識的に言えば、もう相手から信用されないレベルですよね。 こうして、あれよあれよ言う間に、慢性的な借金体質が築き上げられたのがいまの日本の姿です。

たぶん、私の最大の懸念事項である債務超過はほぼ100%解消することはないと思っています。あるとすれば、それは「痛みを伴う特効薬を処方する」、これしか方法はないでしょう。

 

 

信用されていない債務者

こんなヒドい財務体質の日本の借金ですが、借金を肩代わりしているメンバーのなかにメガバンクも当然含まれております。

  • 誰ですか?メガバンクにお金を差し出しているのは
  • 誰ですか?メガバンクにお金を預けているのは

もし、それがあなただったら、あなたの大切なお金は巡り巡って、どこへ向かっているのか考えてほしいです。 銀行貯金が一番堅実!という神話はもう時代遅れなのかもしれません。

 

私は、ネット銀行で住宅ローンを借り入れしているので、債務者という意味では日本政府と同じ立場です。 借り入れをするわけですから、私は金融機関に「返済能力」を審査されましたが、政府の借り入れ要請に対しては審査なしですよ!!

これって、おかしくないですか?

言い方が汚いですが、日本政府は「借金の常習犯」にも関わらず、審査なしで容易にお金を借りれるのは変な話。 こうした歪んだ借入体制は未だに是正されておりません。 今日まで借金を肥大化させてしまった要因はココだと思います。

以下イメージです。 

 

(財務省)

来年の予算は100兆円で決まりだって、不足50兆円の国債発行するから、紙幣の印刷よろしくね! 

(日 銀)

あっ、はい、承知しました。 証券会社さん、メガバンクさん、国債50兆円の購入お願いします。 

(証券会社)

またかよ、こんな低金利な国債売れねーよ

 (メガバンク)

 まいったな、三菱さんはもう買わないみたいだから、うちらもそろそも…

 

稚拙な表現で申し訳ありませんが、ざっくりとしたイメージはこんな感じです。 本来であれば、一心同体・共栄共存である金融機関も日本政府のずさんな財務体質にはもううんざりでしょう。

海外からみた日本に対する評価も大変厳しいのが実情です。

『借金増やすなら、いい加減に収入もあげろよ!』

『今回また消費増税を見送ったら日本国債の格下げだぞ!』

それに圧されるような形で、今回の消費税増税を決めたという経緯もあったはずです。

しかし、たったの2%では、焼け石に水。

 

 

魔法の薬

この借金問題を本気で解決するためには25%以上の消費税が必要というデータもあります。 しかし、そんな増税を敢行する政党や政治家を支持する国民はいませんから、なかなか現実的ではありません。

『じゃーどうすんだよ?』ってなりますよね。

f:id:alphabet26:20181208192147j:plain

 

日本は人口が減少し続けていますよね。 しかも、その人口構成の中身をみると高齢者ばかり。 高齢者というのは、生産性が少なく、GDP向上に寄与できない層です。 こうした深刻な世の中で、名目GDPを上げる魔法の解決方法があるとしたら

「悪インフレ」

しかないと思うのが普通ではないでしょうか。 どうにもこうにも八方ふさがりになってしまった場合、この悪インフレが「最後の切り札」となるかもしれません。

野球で言えば、もうすでに8回表でしょうか。 延長戦はあるのかないのか分かりませんが、いずれにせよ、その最後の切り札(代打)は、もうすでにベンチ裏で黙々とスタンバイしているはずです。

 

この「魔法の薬」はかなりの痛みを伴う「劇薬種」です。

何気なく普通に生活している我々国民の生活を大いに苦しめるかもしれません。 では、どんな痛みで苦しむことになるのでしょうか?

それは実際に起こってみないと分からないのですが、歴史からその答えを紐解くと、

「預金封鎖」であったり、「資産課税」であったり、、、

平たく言えば、国民の資産を没収して、借金返済に充てるというものです。そのあたりを次回以降また記事にしたいと思います。

 

~最後までお読みいただきましてありがとうございました~