投資法人で資産運用

個人投資家を卒業して「投資法人」に変身です。個人増税・法人減税の流れのなかで資産形成から継承までを考えるブログ。主な投資先は米国ETF。

投資法人【検討編】

【1-7】法人化は資産の少ないうちにやるべき

(例)法人化を検討しているAさん 利確という大きな壁 法人化は資産が少ないうちに 金融所得税が増税される前に (例)法人化を検討しているAさん ここでは、Aさんが、TETEに触発されて、ついに投資法人の設立に踏み切った!という仮定の話をしてみま…

【1-6】投資法人を検討すべき人とは

暇すぎる法人運営 配当金メインにする人 成長性メインにする人 法人化よりも優先すべきモノ 暇すぎる法人運営 私のように資産規模が小さいにも関わらず、投資法人を設立して、資産の形成・防衛・継承までの40年先を見据えている人もそういません。 投資法…

【1-5】税制上、法人が有利なわけ

TAXバトル 法人を奪い合う時代 金融所得税20%→25%→40% 銘柄よりも「税金」を意識する TAXバトル 企業と国家、力関係で言えば、どちっちのほうが強いのだろうか? 国家のほうが強大であったのは一昔前の話で、近年のグローバル経済のなかでは…

【1-4】「個人増税・法人減税」時代の幕開け

サラリーマンの防衛術 金融のプロに相談 国家の仕事とは? サラリーマンの防衛術 私はわがままな人間です。 「堅実かつ効率的に資産形成をしたい」 「将来的な資産継承を見据えて節税スキームを駆使したい」 これだけでも投資法人を設立するメリットは十分あ…

【1-3】預金封鎖からの悪インフレは恐ろしい

預金封鎖 預金封鎖の次は、悪インフレだ 有効な防衛術とは 預金封鎖 慢性的な借金体質から脱却できない今の日本において、健全な形で借金返済は大変きびしいと思われます。 債務超過を帳消しにする「魔法の薬」は、かなりの痛みを伴う「劇薬種」であります。…

【1-2】危険な日本の債務超過

危険な債務超過 増えない税収、だけど増える借金 信用されていない債務者 魔法の薬 危険な債務超過 そもそもですが、私が株式運用に目覚めてしまったのは、日本の将来不安が拭えないからです。みなさんはどうでしょうか? 今後日本のGDPがどんどん増える …

【1-1】投資法人を設立すると決めた

読者からの問い合わせ はじめに サラリーマンでもできる お願い 読者からの問い合わせ 法人設立を機に、備忘録として、また自身のアウトプットとして、ブログを開始して以来、約2ヶ月半が過ぎました。 多いのか、少ないのか、PV数は月間20000強ぐら…